アナログちゃんのこっそり映画鑑賞記

自宅でこっそり鑑賞した映画についてぽそぽそつぶやきます。

地球と瓜二つの星【アナザープラネット】映画感想

アナザープラネット

原題:Another Earth/上映時間:93分/製作年:2011年

監督:マイク・ケイヒル

脚本:マイク・ケイヒル、ブリット・マーリング

出演:ブリット・マーリング、ウィリアム・メイポーザー他

 【あらすじ】

17歳で名門大学MITに合格した秀才少女ローダは、ある夜、不思議な惑星が空にあるのを目撃。気を取られるあまりに衝突事故を起こしてしまい、妊婦と子どもが亡くなってしまう。4年の刑期を経て出所したローダは、謝罪しようと被害者遺族の夫ジョンの元へ出向くが、本来の目的を話せずつい身分を偽ってしまう。そして清掃会社のスタッフとしてジョンの家へ定期的に通うことになるのだが、例の不思議な惑星が、同じ人間が存在する“もう一つの地球”であることを知ってしまい…。

映画 アナザー プラネット - allcinema


ANOTHER EARTH trailer 2011 official movie

 【感想】完全ネタバレ

異星人とのコンタクトもの『コンタクト』(ジョディ・フォスター主演)の様な作品かと思い鑑賞してみましたが、全く異なった作品でした。

 

本作は2011年のサンダンス映画祭で、特別審査員賞を受賞しています。

 

主人公のローダ(ブリット・マーリング)は自らが犯してしまった重大な過ちを謝罪しようと、ジョン(ウィリアム・メイポーザー)の家を訪ねるのですが、本当に言わなくてはいけない事がどうしても言い出せません。かつては家族と幸せに暮らしていただろうジョンの家は、荒れ果てていて本人も廃人の様になっていました。そこでローダはついつい「自分は清掃会社のスタッフだ」と言ってしまうのです。その精神状態は、私には到底理解出来ないなと思いました。

 

ローダの事をただの清掃スタッフだと思っているジョンは、次第にローダに心を開き、気を許していきます。目の前で部屋を綺麗にしてくれる女性が自分を苦しめた相手だとも知らず、徐々にローラに恋をしていくジョン。この姿を観るのは痛々しくもあり、同時にハラハラします。バレたらどうするんだ?とか、何で最初から打ち明けなかったのか?とかいちいち思いました。

 

それと同じ頃、地球とそっくりの惑星が存在する事が話題になり、世間を騒がせていました。ローダも、もう一つの地球の存在を知り興味を持つ様に。取り返しのつかない事をしてしまったローダにとって、他の星へ行くリスクなど存在しないも同然。作文を書き一般人からの募集に応募するも、見事に選ばれしまいました。しかし今度はジョンがローダを愛してしまい、もう一つの地球には行かないで欲しいと言い出したのです。ローダはついに、本当の事を打ち明けます。ジョンはそれに対して激怒。二度と来ないでくれと言われます。やはりそうですよね・・・。

 

 結局二度もジョンを傷つけてしまった事に酷く落ち込むローダですが、ある事に気付きます。それはもしも地球そっくりな惑星であっても、第二の地球ではジョンの家族が無事に生きている可能性がある事。それは二つの惑星がお互いの存在を認識し始めたから、ある時点から別々の出来事が起こっている可能性があるという仮説によるものです。

 

ローダは嫌がるジョンに無理矢理会おうとして、もう一つの地球に行くチケットを渡します。もしもこれが上手くいくなら、ジョンに対して最高の償いが出来るという訳ですね。この事からすれば、何でも成行きに任せてやってみるものだなと、無責任にも思いました。

 

ただここで一つ疑問なのは、もう一つの地球で家族が無事暮らしていたとして、ジョンが二人になっちゃうんじゃないかって疑問が湧いてきました。他のSF映画を観ていても思いますが、同じ人間が二人いるのって想像以上に厄介ですよ。ただ夫であるジョンは非常に家族思いの様なので、遠くからひっそりと見守る覚悟だったのかも知れません。

 

 しばらくして、ジョンは第二の地球に旅立ちます。

  

謎のラストシーンは、幾通りにも解釈が出来ると思います。他の星からもう一人のローダがやってきたと言う事は、どういう事なのか?を私なりに考えてみました。

 

まず一つ目は、向うの惑星でも似たような事が起こってしまっていたと考えられます。しかしあっちのローラは、ジョンと恋仲に落ちずにすんなり謝罪。その後作文を書いて選ばれ、地球にやってきたという説。もしもそうでないのなら、ローダの人生は万事順調に事が進んでいる筈であり、まさか別の星に行こうとは思わないでしょうから・・・。

 

二つ目は向うのローラとこちらから行ったジョンが何らかの形で接触を持つ事が出来て、地球のローラに何か伝言を伝えに来た。例えば向うではジョンの家族が、元気に暮らしている事など。これだとハッピーエンドですが、少々無理がある様な気がしなくもないです。

 

そして三つ目の解釈は、向うでも同じ様な事は起こってしまっていたが、地球から第二の地球に行ったジョンが、向うのローラに地球行きのチケットをプレゼントした。こんな事はまず有り得ないでしょうが、私はこの解釈であれば良いなと思っています。