アナログちゃんのこっそり映画鑑賞記

自宅でこっそり鑑賞した映画についてぽそぽそつぶやきます。

恋はデジャ・ブ/1日がとても長い映画

恋はデジャ・ブ

原題:GROUNDHOG DAY/上映時間:101分/製作年:1993年

監督:ハロルド・ライミス

脚本:ダニー・ルービン、ハロルド・ライミス

出演:ビル・マーレイアンディ・マクダウェル、クリス・エリオット

 

【あらすじ】ネタバレします

 小さな田舎町の超マイナーな祭りの取材に、イヤイヤ行かされる事になった売れっ子天気予報キャスターのフィル(ビル・マーレイ)。彼はペンシルベニアの田舎町(パンクスタウニー)に行かなければならないので、とても機嫌が悪いのです。なぜ自分がそんな仕事をしなければならないのか?と言わんばかりです。プロデューサーであるリタは、彼がきっとホテルは嫌だと言い出すだろうと見越して、彼の為にわざわざペンションを用意しています。翌朝目が覚めたフィルは、ウッドチャックが春の訪れを占う祭りに出かけます。中継中のカメラの前でも無愛想で、さっさ終わらせて帰ろうとするフィル。ところがあいにく吹雪の影響で道路が通行止めになり、帰ることが出来ないのでもう一泊する事に・・・。

【感想】途中からネタバレします

大して期待せず鑑賞したのですが・・・。『恋はデジャ・ブ』というタイトルが連想させる映画とは、全く違ったものでした。このタイトルだと、どうも軽いノリのラブコメをイメージしがちです。かと言って原題のグラウンドホッグデイでは、日本人にとっては何の事なのかさっぱり分からず、ぽかんとするばかりですね。

 

主人公のフィルは最初本当に嫌な奴です。そしてこの映画は、この男が徐々に成長していく事を描いた物語です。ただその描かれ方が独特で、そこがこの作品の肝だと言っても過言ではないでしょう。

 

ウッドチャックが春の訪れを占うグラウンドホッグディは、アメリカやカナダで実際にあるお祭りの様です。プロデューサーであるリタは、この町に行く事をとても楽しみにしたりしていてキュートです。フィルは行きの車の中で、ウッドチャックのマネをするリタをバカにしたりして、相当に嫌な奴ですね。あらかじめ彼の為にペンションが予約されていた事からも、普段から何かとわがままだという事がうかがえます。お天気キャスターをしていますが、自分を過剰評価している風な高慢な態度も頂けないです。

 

2月2日の祭りの朝、フィルは6:00に目を覚まします。まだ未見の方はここからのシーンを、少し注意深く観る事でこの映画をより楽しめると思います。目覚ましからは地元のラジオ放送で、その日がグラウンドホッグデイだと言う事が伝えられます。部屋を出て食堂に立ち寄り、祭りへ行くとリタとラリーはすでに来ています。不愛想に取材するフィル。撮影が終わるとさっさと帰ろうとするフィルの気持ちとは裏腹に、3人とも吹雪で帰れなくなってしまいます。長距離電話もつながらず、フィルは「有名人専用の回線を用意しろ」などと、恥ずかしげもなく言います。

 

注意ここからネタバレします

結局昨日と同じペンションに泊まる事に。翌朝目を覚ましてから、意外な展開になっていきます。私はこの2日目の描写が新鮮で一番印象に残りました。カーテンを開けるとまた同じ祭りをやっている・・・。昨日と同じ人に同じ場所で声を掛けられる・・等、何かおかしいぞ的な描写が続きます。ワクワクしながら見ていると、どうやら主人公であるフィルだけ、2月2日が延々とループしている様子。事態がだんだん分かってきて妙に落ち込むフィル。リタに助けを求めますが理解されず、精神科を薦められます。しかししばらくすると同じ日が繰り返されるシステムを利用して、女の人を口説いたり、大金を盗んだり。どうせ同じ日が繰り返されるなら好き放題してやろうじゃないか開き直るフィル。どこまでも悪い奴ですね・・・。

 

コメディですが見方によれば、この同じ日を繰り返すというのは拷問の様で結構おそろしくてキツイです。

 

 私達の人生は、主人公フィルの様に同じ1日を繰り返すことはありませんが、大なり小なり似た様な思いをしているのでは?と思いました。例えば、職場でいつも同じ人と同じ様な内容で口論になるとか。ファーストフードで注文する時どうしてもスムーズにいかないとか。毎回遅刻をする人。ああもうこんな事は、繰り返したくない。そう思っていてもなぜか繰り返してしまう。

この様な心理的ストレスが、同じ1日を繰り返すという形で表わされている様に感じました。だからこそ、この主人公のフィルに共感出来るのではないかと思います。主人公フィルが何よりも望んでいるのは2月3日が訪れる事であり、それは長く長く繰り返された拷問の様な2月2日が過ぎる事を意味しています。フィルは人の役に立つ事をしたり他人を思いやる事で、このループから抜け出す事に成功します。ループする日常的なストレスも主人公フィルと同じやり方で、解決するかもなと思いました。